第3回
SDGs提案グランプリ

提案先&提案テーマ発表

提案募集締め切り日
2021年9月30日

最新情報

▼テレビ東京のTV番組『田村淳が 池袋Innovation Council』に出演が決定しました!

ロンドンブーツの田村淳さん司会で、東京・池袋を中心に多くの企業と連携してテレビの枠を超えた取り組みを考える番組に実行委員の秋山宏次郎が出演します。フードロス問題やSDGsを切り口にして、小中学生に問題や解決方法を考察してもらいます。詳細が決まりましたら追加お知らせします!

SDGsオンラインフェスタのイベントパートナーでもあり、ソーシャルアクションの「可視化」と「価値化」を目指すアクトコイン。そのプロジェクトの一つとして第3回SDGs提案グランプリが認定されました。食をテーマとした各団体・企業への提案お待ちしています。詳細はこちら。

提案できるテーマは2種類

重点テーマ

各提案先が「特にこの製品や課題に関してのアイディアが欲しい!」と個別に設定しているテーマです。提案先の方の部署との関連性も強いことが多く、提案先自身が直近で課題に取組もうとしていることから相対的に実現可能性も高くなります。

自由テーマ

「提案先のリソースであればこんなことができるはず!」という素晴らしいアイディアがあるなら重点テーマ以外の提案も可能です。重点テーマと比べると実施のハードルは高めですが、ハードルを軽々超える素晴らしいアイディアをお待ちしております。

提案先とそれぞれの重点テーマ

市民が大組織だからこそ実現できるSDGsプロジェクトを考え、SDGsを推進したい組織の力を最大化する方法を提案できるイベントがSDGs提案グランプリです。第3回の『提案先と提案できるテーマ』を発表します。

石井食品株式会社

SDGsの時代に適った次世代のミートボールのアイデア

あふの環プロジェクト(農林水産省・環境省・消費者庁)

持続可能な生産を後押しするために消費者一人ひとりができること

オイシックス・ラ・大地 株式会社

「食品ロス削減」に貢献できる食卓アクションアイデア

LIFULL

スムージーを通して食品ロスを改善を促進するアイデア

協創提案も大歓迎

提案先組織が単独で出来るプロジェクトはもちろん、自分や自分の組織との協創提案も歓迎します。

自分が制御しきれない部分のため実現性は下がりますが「このノウハウを持ったプレイヤーと一緒にこのようなことをしてはどうか」という、第三者を含めた提案をしていただいても構いません。

提案自体も、個人ではなく、集めた仲間との共同提案や会社としての提案も歓迎します。

評価基準

SDGs貢献度

グランプリの目的はSDGsに貢献するプロジェクトの創造/協創です。どんなに大きなプロジェクトでもSDGsと関係ない提案は対象外となります。逆にSDGsと強く関連していても規模が極端に小さければSDGsへの貢献も小さいものになってしまいます。方向性と規模の両面から、SDGsへの貢献度を最大化するものを求めています。

実現可能性

どんなにSDGsに貢献しそうな提案であっても、1億人の同意が必要だったり、法的な制限があれば実現できません。実現できなければSDGsへの貢献もできません。提案先も自分も関係ない第三者を巻き込む協業も提案いただけますが、提案先や自分にとってコントロールが難しい要素はなるべく少ない方が良いでしょう。

持続可能性

SDGsに貢献するプロジェクトが実現したとしても、単発の打ち上げ花火で終わるか継続的な事業や文化になるかで結果は大きく変わります。ボランティアや募金に依存しきった企画よりも、必要なリソースが自然と集まる方がサステナブルな企画なのは言うまでもありません。

SDGs提案グランプリは、国内最大級のオンラインSDGsイベント「SDGsオンラインフェスタ」の1企画でありSDGsオンラインフェスタ実行委員会が運営しています。取材依頼/次回の提案先希望などの相談はこちらまでご連絡ください。

過去のSDGs提案グランプリ